掃除に来てくれる彼女のために鍵を隠しておいたら、まさかの紛失

souji_kagiわたしの彼女はときどきわたしの部屋に来て、掃除や洗濯をしていってくれます。わたしが無精者なせいもあって、普段は部屋の中が大爆発しているのですが、彼女が掃除をしてくれたあとは、いつも綺麗な部屋で過ごせるので大変助かっています。

しかしそんなありがたい境遇のわたしにも、ちょっとした悩みがあります。それは彼女が掃除に来てくれた日には、必ず物が無くなってしまうということです。あるときはお気に入りのCDがなくなり、あるときは読みかけの本がなくなりました。
もちろん、それらは本来あるべき場所に仕舞われているのですが、他人から見れば散らかっている部屋も、わたしにとっては「どこになにがあるのか」を充分に把握できている状態だったのです。
Incheon(ICN) International Airport – 遺失物の申告
そうした状況から部屋のものを動かされてしまうと、たとえそれが「本来あるべき場所」に戻ったのだとしても、やはり探してしまうというわけです。もちろんそれがCDや読みかけの本であったなら、すぐに困るということはないのですが、ものによっては非常に困ったことになるのでした。そういう意味で、カギがなくなったときは本当に困りました。掃除を終えて彼女が帰ったあと、コンビニに買い物に出かけようとしてカギがないことに気がついたのですが、それからカギが見つかるまでの3時間は、とてもストレスのたまる時間だったのです。
宮城県警察/落とし物・忘れ物情報
そんなわけで、わたしは彼女が掃除をしに来てくれる日は必ず、自宅のカギを隠すことにしています。掃除好きの人にとっては「ただそこに置いておいただけ」のものであっても、片づけ対象物になってしまいます。ちょっと油断するだけで、大切なものが行方不明にされてしまうのです。
しかし、そもそも片づけられないわたしは、仕舞っておくのも苦手なのです。彼女が来る前に隠したハズのカギは、ものの見事に何処かへいってしまいました。今度は彼女に腹を立てることもできず、もっとストレスがたまる結果となりました。
鍵 なくした