鍵がポキッと折れてしまって焦った記憶

kagi_oreta今では笑い話で済ませることなのですが、以前帰宅した際に鍵穴に鍵を差し込んだまではいいのですが、その後鍵を回そうとした途端にポキッと鍵が折れてしまったことがありました。そういえば昔の鍵は、鍵の一番細い部分に刻みが入れてあるので、弱いのでしょうね。それに、毎日毎日鍵をひねっているので金属疲労という問題も絡んできます。ちなみに、今の鍵はディンプルキーなので刻み部分がないということもあり、未だに鍵が折れたということはないのですが、見る限りにおいてはかなり丈夫な印象を受けます。

ところで、鍵が折れた時にはびっくりしましたね。まさか、鉄でできた鍵が折れるとは?と折れた状況が信じられないくらいでした。そうはいっても、鍵穴に鍵の先端部分が入ったままというか詰まった状況なので、とにかく引き抜くしかないので焦りましたね。その引き抜くための工具ですが、ペンチのような先が太い工具ではなくて先が細いラジオペンチが最適なので、車庫にある工具箱の中からラジオペンチを持ってきてようやく鍵の先端を抜き取ることができました。しかしながら合鍵は持っていないので、家族が帰宅するまで本屋さんで時間つぶしをしたという、今となっては情けない思い出したくもない記憶ですね。あの鍵の先が全然出ていなければ!と思い出すだけでもゾッとしてしまいます。そうなると、鍵屋さんに修理に来てもらうしか、成すスベもないということにもなっていたでしょうね。