最近の自動車はインロックなんて起こらないって本当?

in_louk昔から車の鍵トラブルとして代表的なのが、インロックですよね。車の鍵が車内にあるのに鍵をかけてしまって、車を動かすどころか車内に入ることもできなくなってしまうことです。家に着いてからやってしまったとかであればまだいいですが、出先やこれから出かける時などにやってしまうと、業者を手配して鍵を開けてもらうまで何もできなくなってしまいますから、困りものです。

この大迷惑なトラブルであるインロック、最近の自動車では起こらないという話を耳にしたのですが、本当でしょうか。鍵が車内にあるのか車外にあるのかをセンサーが感知しているとか、そういうのですかね?本当なのかなぁと思って自分の車で試してみたところ、普通にインロック状態になってしまいましたが…(鍵はスペアキーで開錠しました)。

で、調べてみた感じだとやっぱり普通に起きるみたいですね。理由として多いのが、カーテシスイッチの不良によって「ドアが開いた」と判断されず、「開錠したけどドア開けないなら、防犯の意味で鍵閉めちゃうよ」という処理が車側でされ、再度鍵がかかってしまうこと。他にも、近付くだけで鍵が開くスマートキーで、鍵の電池が切れかかっていることにより車が鍵の存在を認識できず、近くにいないと判断して鍵が閉まってしまうとか。

でもこれ、ようするに普段からセンサーや鍵本体の点検をしておけばいいことでは?とも思います。仮にセンサーが進歩して、車内に鍵を感知しているとインロックが起きないようになったとしても、結局は鍵の電池が切れたりして認識できない状態になれば、インロックは起きてしまいますからね。

インロックが絶対に起きないようになる日は来るかもしれませんが、現状では十分起き得るということを頭に入れて、日々の点検と鍵の取り扱いに注意したいと思います。