カードキーに変えた私が気づいたこと

electronic_key「スマートフォン」などに代表されるように、現代は色々と非常に便利な道具が多く出回っている時代です。冒頭でも挙げたとおり、スマートフォンを始めとして「タブレット」や「パソコン」はもちろん、一昔前では思いもよらなかったようなものまで、この高度情報化社会の恩恵を受けているのです。

実は私も、最近身近にあるもので、この情報化の恩恵を感じているアイテムがあります。この道具は世の中に非常にありふれている種類のものですが、私が手にしているタイプの体裁になっているものは、まだそう多くは無いとちょっと優越感を感じているのです。
私が手にした「昔からあった道具で情報化の恩恵を受けている」道具、それは「自宅の鍵」です。

昭和の時代なら「シリンダーキー」や「南京錠」が主だったものですが、私が引っ越しに伴って変えることになったこの鍵は「カードキー」と呼ばれるタイプのもので、パスケースに入れて持ち歩ける「カード状態」になっています。この薄いカードの中に、専用のICチップを入れて、それを施錠に利用している格好です。

このカードキーに変えて私が気がついたことは、今思い返してみると、昔ながらのシリンダーキーなどは「形が崩れていて、しかもポケットの中でかさばっていた」んだなということです。カードキーならパスケースに入れておけば、かさばることなど一切ありません。
スマートに持ち歩けるカードキーに変えて、少しだけですが優越感を持っている私なのでした。